FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《ヨウ素、キンチャクまさかのバタンQ、システム変更》

2016.09.01.Thu.21:08
今日はお仕事お休みであまりの暇さ加減に尼崎テイラーズなんぞ高速乗って行ってみました。

尼Tには頼りになると聞き及んでいる、◯石君が居るのでしばしのお話をしてきました。昨日までがテイラーズの決算で、今日からちょっと暇なんです…との事でした。なのでシステムの事、添加剤の事、サカナ水槽とサンゴ水槽のアプローチの違いの事。なかなか楽しかったです。忙しい時に雑談は迷惑ですからねf^_^;)

そんな中、特にヨウ素の添加ノウハウや各社の製品の違いについて考えを聞きたかったんです。

今まで私は添加剤や栄養補助剤の類は全く使用せずマリンアクアをやってきました。特に問題無く飼えてたように思います。ただそれは多少無頓着でも飼えてしまうサカナ(アデヤッコや丈夫なケントロ)しか入れてなかったからだと思うんですよね。事故で死なせてしまいましたが…(T_T)

で、最近はもう少し気を使ってやろうかな?なんて気持ちが芽生えてます。繊細なキンチャクやゲンロク居ますしね。かといって薬漬けや神経質極まりない水槽にしようなんてサラサラ思ってません。

で、お友達との意見交換と◯石君のアドバイスも相まってコレらを始めてみる事にしました。

デルフィスのLIVESeaシリーズですねー。
まぁこれで白点含む病気予防のおまじないになったりするのであればと思いましてね。

何故デルフィス?んー、まぁネームバリューもあるのですがウンチク聞くとコレかな?と。生成段階でアルコールを含まないんですって。ヨウ素添加剤に関して他社製品のものはアルコール含有量が多く、揮発性が高いものがある(特定は避けます)。故にスキマーなどの曝気で失われやすく無駄が多いらしいのです。またアルコールはバクテリアの格好のエサで、急激なバクテリアの活性化や、下手すればそれによる白濁を誘引すると。(だから添加のしすぎは死を招くという理論があるのですね。)その点デルフィスの製品は安心らしいですね~。
なかなか面白い話が聞けました。

まぁでも、とどのつまりは“効いてるか?効いてないか?”なんてハッキリわからんのですわ。使い出して問題出なかったら『ヨウ素のおかげ?かな?』となって、もう手放せないのです。そういう類のもんですよね。なのでそのウンチクを買ったというわけです。こういう消費の仕方をすると、『メーカーの小売店への営業の重要性って高いなぁ』なんて仕事に絡めた発想に転化してしまう寂しいおっさんです。

今日からヨウ素とアミノ酸、始めてみます。

あとは活性炭の話や硝酸塩に特化した吸着材の話も盛り上がりましたが割愛。

————––————–———————–——––––––

マゼののび太君。先ほど繊細だと記述しましたが、呆れるほど繊細な一面を今日見てしまいました。

昼間お友達とLINEで話してまして、給餌時の無駄を極力無くすという話の中で、「給餌時のみポンプを止める」という話がありました。そのようにされてる方も数多くいらっしゃると思いますが、我が家はポンプ全開のままです。うちもそうしよう…出来るだけ食わせたいから散らばらずのは良くないよな。と。

でポンプ止めたわけです。


すると…


のび太君、まさかのフロー管の裏(通称デスポジション)で頭突っ込んでパターンと倒れてしまいました…微動だにしません。見た目完全に死んでます。
なんじゃこらぁぁぁあ。どういうこっちやぁぁぁぁ(T_T)

そうです。トリートメントブログでも紹介した【死んだフリ作戦】です。繊細すぎます。ビビりすぎです。まさにジャイアンにいじめられて土管に逃げ込み頭だけ隠してるのび太です。
まぁ我が家の環境にも慣れてない証拠ですわな。今はいかに環境に慣れさすか。ごちゃごちゃ触らんか。を心がけねばなりません。ポンプ止めてゴメンね…反省。

ポンプ稼働させた瞬間に私をあざ笑うかのように悠々と泳ぎ始めました…


とまぁ、今日はとにかくヒマな1日でした。
ヒマを物語るシステム変更を最後に紹介して終わります。夏にこんな大胆なシステム変更して、白点出たらどうしましょう…

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


《近海地味地味水槽スタートしました》

2016.08.24.Wed.11:46
アカネキンチャクダイののび太くん、8日間のトリートメントタンクから卒業の日がやって参りました。毎日毎日、本水槽の水も20Lずつ換わってるので良い環境も整いました。

この間、家族には迷惑かけました。
トリートメント部屋をわざわざ設けて、クーラー付けっ放し。立ち入り禁止の厳戒態勢。

この時期の新魚導入は大変です。なんせこの暑さですから水温が…。室内22℃設定。知らん奴が聞いたらアホですよね。

でも私にとってはそれくらい一大事なのです。
トリートメント中は毎日、エサ食いの確認で海藻70Mを何粒食べたか?まで気になります。
ちょっとでも目の動きやヒレの動きが違うと気になります。しかし一番気になるのは嫁の目です。

とにかく絶好調だった魚を断腸の思いで里子に出してまでお迎えした奴です。出来る限りストレスのない環境を作ってやりたいものです。

ではドボンです!

んーーーーーっ(;▽;)
たまらん。渋すぎる。
ライト消したらライブロックに色が同化してどこにおるかわからん…家族にめっちゃ不評(笑)

ゲンロクダイとのマッチングも素晴らしい。我ながらナイス水景です。あくまで我ながらです。家族は黄色やピンクの華やかな水景を求めているようですが、そうは行きません。トレンドは近海です。もう止まりません。まだまだライブロックも足りませんので追加せねばなりません。

水槽を2個も3個も置かせてくれるなら作ってやりますよ…マニラ産水槽。でも1個ですのでコレです。

怖いのはやはり内臓疾患系です。採集時に負ったものなどは3ヶ月後にやってくるなんて聞きますし、そんなん今わからんしな…

長生きしてくれー。

もし、あと何か混泳さすとしたらですね…
シラコダイかナミチョウです。

------------------------------------------------------

時を同じくして、スキマーのポンプ壊れました。

中華製スキマー『coralbox D500』にはJebao製のDC2000というポンプがついてます。1ヶ月の保証で7ヶ月もちましたので、1年保証の家電製品でいうと7年持ったことになります。大往生です。5年保証の車で言うと実に35年乗れた事になります。素晴らしい耐久性です。なのに何故かイライラしながら代替品を注文しました。尻の穴の小さい男です。

JebaoもJecodと名前を変え、ポンプもDC2000からDCS2000にモデルチェンジしたようです。出品者様によると耐久性とトルクが大幅に改善され待望のデビュー品のようです。なのに何故かイライラしながら注文を入れました。尻の穴の小さい男です。


そんな尻の穴の小さい男もマゼエンゼルのおかげで毎日がハッピーなのです(^.^)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


ゲンロクダイがやってきました

2016.07.13.Wed.20:25
前回の濾過アップ決行から3週間。懸念していたシステム変更による白点などの心配も無さそうです。

今日は兼ねてから気になって仕方なかった魚がやって参りました。なかなか入荷するのを見ない中、某アクアな先輩から入荷情報を聞き思い切って通販にて購入いたしました。

ゲンロクダイです。カッコええ~♪

アクアマリンズ(和歌山県)
このショップは地元の食用魚の漁師さんの網に掛かった近海魚を仕入れて販売してるんでしょうかね?直接海の生簀の中でストックされているようす。餌は貝を潰したものを与えてますとのこと。

ワイルド感タップリの個体がやって参りました。

もう少し小さいの期待したんですがねf^_^;)

泳ぎを見る限り良さそうです。ゆったり辺りをキョロキョロ見回しながら泳ぐ様は落ち着きも感じます。

もう少し小さいの期待したんですがねf^_^;)

網に掛かったと言えどもヒレ欠けなども無く、綺麗な個体です。

もう少し小さいの期待したんですがねf^_^;)

とりあえず虫などの検疫を数日終えた後、マゴタンクにて餌トレーニングしたいと思います。

ゲンさんなんとか生餌くらいまでは行ってくださいね。


——––———————––————–——–———–

ところでこのクソ暑い時期の新魚導入。水合わせや導入前検疫はどのようにされてるのでしょうか?

コイツも毎日飼育水による全換水にて検疫しようと考えてるのですが、小型水槽やバケツだと温度が上がり過ぎてしまいます。我が家の飼育水はただいま23.5度。冷却機器使わなければ、小さい水槽の場合30度近くいってしまいます。かといってコンプレッサー式クーラーをドカンと設置するのも…。

で、コイツ買ってみたんです。

『アホや、これ全くあかんやつやのに…』とかはコッソリ教えて下さいね(笑)外掛け式のペルチェ式クーラーです。

①ポンプも内蔵
②一応クーラー
③安い

毎日全換水の導入時のみの温度管理なのでこれで良いかと。ポンプも内蔵してるので、他のポンプにつながなくてもよいし、ファンちゃうから足し水もそんなに神経質にならなくていい。総じて手軽なんですよね。数日の事だからこれで行ってみます。

ちなみに室温26度、設置5時間経過後のただいまの水温22度。まぁまぁ?
——————————————–———————

最近色んなところで崩壊ネタが多発してます。明日は我が身です。気をつけます。上手く飼うコツはいかに我慢するか、弄り過ぎないか、いらん事しないか、だと教わっております。自分自身の体験でもあります。

昨秋アクアテンション復活するまでの4.5年間。ヤッコなども含め、1匹も魚を落としませんでした。まぁ大して難しいサカナは飼って無かったってのもありますがねf^_^;)

なぜか?飽きてほったらかして、魚も追加せず、システムも弄らず、水槽に全く手を加えず(デジタル水温計も電池切れて水温すらわからず(笑))水換えだけしてたからだと思いますf^_^;)設備だけは最低限揃えてましたので、クーラーとヒーターとエーハイムが勝手に飼ってくれてました(笑)

むかし小学校の頃カブト虫飼ってて、オカンによく言われました。
『あんたぁ!カブト虫イジり倒してたらすぐ死ぬで!あんま触らんと放っとき!土も掘り返したらあかんで!』

最初はあれやこれや気にして、色々してしまうんですよね。やれバクテリアや、やれ添加剤や、やれクスリや…ありとあらゆる手を尽くして、合成着色料いっぱいの変な色の駄菓子みたいな水槽にしてしまうんですわな。

上手く飼いたい方!アクアを飽きましょう…飽きた頃から上手く飼え出すかもしれません…

やるなぁオカン…

とりあえずゲンロクダイ頑張りますm(_ _)m
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。