《水槽崩壊その後》

2017.02.09.Thu.12:56
前回1/18の水槽崩壊事故からの続報です。
当日から1週間、徹底的にコーキングを強化し2度とあのような事が起きないようにと対策致しました。

また、この機会に殺菌灯設置スペースの確保の為、水槽位置を十数センチずらしました。当初の水槽位置ではキャビネットの中に無理矢理押し込むしかなく、キャビ内に設置出来るのはターボツイストしか無かったのですが、スペース確保できましたので本命のQL25を設置できました♪



ショップさんによってはメイン配管と別系統で殺菌灯やクーラーを設置するところもあるようですが、出来るだけ効率良く1系統にしたかったのです。メインポンプ→殺菌灯→クーラー→飼育水槽です。ようやくシステム的には落ち着いたような気がします。

その間、生体達は120Lゴミ箱の中で耐えて頂きました(;ω;)(画像は一時退避してたインスタントオーシャンバケツ)1週間を目処に本水槽再起動するつもりでしたので、水換えだけで凌ぐか?とも考えたのですが1日で白濁が拡がった為、急遽amazonにて外部フィルターを手配しました。amazonプライムまさかの当日到着は非常に助かります!

崩壊後1週間の間、飼育水槽でコーキングの強化をしていたキャビネット内では、濾過槽のみで水を空回ししておりましたので白点対策もバッチリ?かな?と(^^)

兎に角濃い~1週間を過ごし、1/25(水)水槽再起動の日。お友達のコロッケ氏と紀南(和歌山県人で南紀と呼ぶ人は皆無と教わりました)にて天然海水『屁こぎプレミアム』の採取に赴き、贅沢にも天然海水100%にて再立ち上げとあいなりました。

退避中キンチャクの飛び出し事故など、所々問題はありましたがなんとか一匹の犠牲も出す事無く乗り切れたのは不幸中の幸いでした。


再起動後の1/31(火)、お友達のI氏から嬉しいお話が。『復興記念にプレゼントしてあげるからショップに取りに行き!』と兼ねてから気になってた子をプレゼントして頂きました。

沖縄以南に生息する、地味綺麗なホシモンガラの雄です。上手く軌道に乗ったらメスも迎えてやろうかしら。1週間のトリタン検疫を経て昨日本水槽デビューしたのですが、近年稀に見るビビりさんで、ショップにいる時からずーっとカクレモンガラです。はよ前に出て餌食べなはれやー。

そんなこんなで現在に至ります。今回得た教訓というか感じたこというか…

①システムは水槽位置も含め最初にバチっと決めて組む。後から水槽下で配管弄ったりすると、今回のような大事故に繋がる事も。

②天然海水100%は魚の活性が明らかに違う!…気がする(^_^;)特にそれを証明する手段はないのですが、飛び出し事故で瀕死状態からなんとか脱したものの、拒食してたキンチャクが一気に食い出しました。タイミングの問題だけかもしれませんが、間違いなく魚の動きが変わった気がします。何より人間様側の安心感が凄いです。コレを機会に今後水換えは全て天然海水で行うかも?

③常に最悪の想定をしながら機材や周りのものを揃えておく。今回のように水槽自体が壊れた、ポンプが壊れた、クーラーが壊れた、地震が来た、様々なリスクを想定して用意しておく。

一息つきました。これから先は魚の飼育“だけ”を楽しみたいと思います(^_^;)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する