《オーバーフロー水槽崩壊》

2017.01.19.Thu.06:40
一部の方々にはご存知頂いてるかと思います。皆さまご心配おかけしましたm(_ _)m昼過ぎに事件が起こってようやく落ち着いたので、ここにご報告致します。



まさに崩壊です。お気に入りの水槽は雪崩れのように崩れていきました。全ては私の失態です。殺菌灯設置の為、配管の修正をしておりました。
その際に三重管台座に負荷がかかったのだと思われます。台座のコーキングが剥がれ…あとはご想像下さい。

我が家はマンションです。とめどなく漏れてくる水との格闘と、生体の避難。同時作業が求められ、冷静なつもりの私も大パニックです。途中、完全に思考停止したこともありました。

水換えも予定していたので、水換え用ペールには新海水が満たされており、大容量ペールは使えません。とにかく水漏れの早期解決の為、ポンプにて海水を排出し、同時に生体を退避バケツへ。肉離れの事などどこへやら。アドレナリンというのは大したものです。

とりあえず退避させたバケツと、水換え用の100Lの新海水を水あわせの後、数日特大ゴミペールで飼う事になります。

併せて古いコーキングをスクレイパーで剥がし、台座の再コーキング処理も行いました。24時間待って数センチ真水張ってみます。


まだ不幸は終わりませんでした。リビングが無茶苦茶の為外食とし、帰宅するとお迎えしたばかりのキンチャクダイがバケツから飛び出して虫の息でした。なぜ蓋をして外出しない?こういう時は冷静な判断を欠くものたと身につまされました。もう完全に私のアクアは終わったと感じた瞬間でした。キンチャクの身体は硬直しかけておりました。涙が出そうでした。なんとか立ち直ってくれと、バケツに戻すも当然ながら木の葉のように沈んで行きます。

しかし!数分後。エラが動くのが見えました!頼む!何とか頼む!祈りました。すくってやろうとすると、硬直しかけていた魚体が波打つ。これは!さらに数十分後。斜めながらも立ち出しました!そして今現在。上から見る限り通常の泳ぎに戻ってきました(ToT)生命の強さ、自身の愚かさ。入り混じる感情で歓喜しました!


しかしここからです。魚達の健康状態は最悪でしょう。爆食いだった全員が怯えているはずです。白点も出るでしょう。どこまで立て直せるかわかりませんが、前を見て全身全霊かけて復旧作業に努めます。




とりあえず今日も休みでよかった…

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する