FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《水槽崩壊その後》

2017.02.09.Thu.12:56
前回1/18の水槽崩壊事故からの続報です。
当日から1週間、徹底的にコーキングを強化し2度とあのような事が起きないようにと対策致しました。

また、この機会に殺菌灯設置スペースの確保の為、水槽位置を十数センチずらしました。当初の水槽位置ではキャビネットの中に無理矢理押し込むしかなく、キャビ内に設置出来るのはターボツイストしか無かったのですが、スペース確保できましたので本命のQL25を設置できました♪



ショップさんによってはメイン配管と別系統で殺菌灯やクーラーを設置するところもあるようですが、出来るだけ効率良く1系統にしたかったのです。メインポンプ→殺菌灯→クーラー→飼育水槽です。ようやくシステム的には落ち着いたような気がします。

その間、生体達は120Lゴミ箱の中で耐えて頂きました(;ω;)(画像は一時退避してたインスタントオーシャンバケツ)1週間を目処に本水槽再起動するつもりでしたので、水換えだけで凌ぐか?とも考えたのですが1日で白濁が拡がった為、急遽amazonにて外部フィルターを手配しました。amazonプライムまさかの当日到着は非常に助かります!

崩壊後1週間の間、飼育水槽でコーキングの強化をしていたキャビネット内では、濾過槽のみで水を空回ししておりましたので白点対策もバッチリ?かな?と(^^)

兎に角濃い~1週間を過ごし、1/25(水)水槽再起動の日。お友達のコロッケ氏と紀南(和歌山県人で南紀と呼ぶ人は皆無と教わりました)にて天然海水『屁こぎプレミアム』の採取に赴き、贅沢にも天然海水100%にて再立ち上げとあいなりました。

退避中キンチャクの飛び出し事故など、所々問題はありましたがなんとか一匹の犠牲も出す事無く乗り切れたのは不幸中の幸いでした。


再起動後の1/31(火)、お友達のI氏から嬉しいお話が。『復興記念にプレゼントしてあげるからショップに取りに行き!』と兼ねてから気になってた子をプレゼントして頂きました。

沖縄以南に生息する、地味綺麗なホシモンガラの雄です。上手く軌道に乗ったらメスも迎えてやろうかしら。1週間のトリタン検疫を経て昨日本水槽デビューしたのですが、近年稀に見るビビりさんで、ショップにいる時からずーっとカクレモンガラです。はよ前に出て餌食べなはれやー。

そんなこんなで現在に至ります。今回得た教訓というか感じたこというか…

①システムは水槽位置も含め最初にバチっと決めて組む。後から水槽下で配管弄ったりすると、今回のような大事故に繋がる事も。

②天然海水100%は魚の活性が明らかに違う!…気がする(^_^;)特にそれを証明する手段はないのですが、飛び出し事故で瀕死状態からなんとか脱したものの、拒食してたキンチャクが一気に食い出しました。タイミングの問題だけかもしれませんが、間違いなく魚の動きが変わった気がします。何より人間様側の安心感が凄いです。コレを機会に今後水換えは全て天然海水で行うかも?

③常に最悪の想定をしながら機材や周りのものを揃えておく。今回のように水槽自体が壊れた、ポンプが壊れた、クーラーが壊れた、地震が来た、様々なリスクを想定して用意しておく。

一息つきました。これから先は魚の飼育“だけ”を楽しみたいと思います(^_^;)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

《オーバーフロー水槽崩壊》

2017.01.19.Thu.06:40
一部の方々にはご存知頂いてるかと思います。皆さまご心配おかけしましたm(_ _)m昼過ぎに事件が起こってようやく落ち着いたので、ここにご報告致します。



まさに崩壊です。お気に入りの水槽は雪崩れのように崩れていきました。全ては私の失態です。殺菌灯設置の為、配管の修正をしておりました。
その際に三重管台座に負荷がかかったのだと思われます。台座のコーキングが剥がれ…あとはご想像下さい。

我が家はマンションです。とめどなく漏れてくる水との格闘と、生体の避難。同時作業が求められ、冷静なつもりの私も大パニックです。途中、完全に思考停止したこともありました。

水換えも予定していたので、水換え用ペールには新海水が満たされており、大容量ペールは使えません。とにかく水漏れの早期解決の為、ポンプにて海水を排出し、同時に生体を退避バケツへ。肉離れの事などどこへやら。アドレナリンというのは大したものです。

とりあえず退避させたバケツと、水換え用の100Lの新海水を水あわせの後、数日特大ゴミペールで飼う事になります。

併せて古いコーキングをスクレイパーで剥がし、台座の再コーキング処理も行いました。24時間待って数センチ真水張ってみます。


まだ不幸は終わりませんでした。リビングが無茶苦茶の為外食とし、帰宅するとお迎えしたばかりのキンチャクダイがバケツから飛び出して虫の息でした。なぜ蓋をして外出しない?こういう時は冷静な判断を欠くものたと身につまされました。もう完全に私のアクアは終わったと感じた瞬間でした。キンチャクの身体は硬直しかけておりました。涙が出そうでした。なんとか立ち直ってくれと、バケツに戻すも当然ながら木の葉のように沈んで行きます。

しかし!数分後。エラが動くのが見えました!頼む!何とか頼む!祈りました。すくってやろうとすると、硬直しかけていた魚体が波打つ。これは!さらに数十分後。斜めながらも立ち出しました!そして今現在。上から見る限り通常の泳ぎに戻ってきました(ToT)生命の強さ、自身の愚かさ。入り混じる感情で歓喜しました!


しかしここからです。魚達の健康状態は最悪でしょう。爆食いだった全員が怯えているはずです。白点も出るでしょう。どこまで立て直せるかわかりませんが、前を見て全身全霊かけて復旧作業に努めます。




とりあえず今日も休みでよかった…

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

《目標の近海水槽、頓挫》

2016.11.18.Fri.13:04
何も問題なく順調に回っていた水槽環境を自らの手で壊してしまいました。
マゼ落ちました。
ゲンロクの1匹は元々食いも悪く何があったらヤバいかな?と思ってましたがマゼは誤算でした。
経緯を書くのもアホらしいくらい完全な私のミスなので、自戒の為記しておきます。
経緯
何を思ったんだか…
完全に墓穴を掘りました…
900設置時に濾過槽下にウレタンマットを敷き忘れていたんです。濾過槽、水槽台に直置きだったんです。ずーっと、ずーっと気になってました。
水温変化も少ないよい季節に入り、ここぞとばかりにマット敷きを決行。これが案外大掛かりな作業。濾過槽一旦、台から抜いて「ついでに1年間濾過槽内に溜まった汚れと、ろ材を…」(←ココ)。



完全に判断ミスでした。何を思ったかろ材を安易に揉み洗いしてしまいました。一応24時間濾過槽内のみ空回ししたんですが…。欲を言えば3日は必要かなと。
はい、白点大爆烈です。
ただ今までも白点キラーにお世話になり、全て助けて頂いてるので今回も楽観視しておりました。

あきまへん…。やはり魚の感受性というのは同種でも個体差あるもので、マゼののび太くん相当弱らせてしまいました(><)しかも通常丸4日間添加すればほぼ消え去る白点が衰えを知りません。こんなの初めてです…。6日目の昨日にはマゼ、ゲンロク共に白点は見られなかったのですが、マゼのヒッキーっぷりが半端ありません。水換え後、アクアセイフにて中和作業にて回復を図りましたが、手遅れだったようです。
以上
原因…なんて特定、証明できるわけなどありませんが考え得る事はたくさんありますので今後の為にも思い当たる節含めて。
900水槽に3匹だけという生体に対してろ材が多過ぎた?ろ材が多いと良菌もたくさん在住するが、同じだけ悪菌も介在します。今回の件も多量のろ材に休眠していた白点虫が一気にのび太に襲いかかったイメージがあります。あれ?ヒレに白点が…ではなく、1日目でいきなり爆烈粉吹き芋状態でした。諸刃のつるぎでもあるろ材は生体数に応じた適正量が…当たり前か…。
白点キラーの添加ミス?白点キラーは間違いなく良い薬です。今までも全て助けて頂いてます。使い方さえ間違えなければ…やはり添加量は個々の生体の感受性によって変えなければなりません。キンチャク、取り分けのび太君は耐性もなく刺激が強かったのでしょう(単純に合う合わないもあるでしょう)。初めてのサカナは規定量の半分でも良いくらいかも知れません。これはもう経験則に基づくしかありません。拒食が原因ならまだまだ1週間ですから問題ありません。間違いなく添加ミスはあります。低比重治療なども視野に入れて今後の病気治療に生かしたいと思います。
殺菌灯の未設置。殺菌灯に白点虫を殺す力はありません。ただその前提として水の環境を整えるには有効かも知れません。もしあれば、巡り巡ってあんな粉吹き芋状態にはならなかったかも?とは水槽仲間の意見です。あくまで巡り巡ってだとは思います。
ちょっとショックおおきいです。元々3匹しか入れてなかったので、水槽も寂しいものです。投入翌日にショックで逆さ向いてフロー管に貼り付いて死にかけてたゲンロクが復活したのはびっくりですが。エールも含めて『ゾンビ』改名致しました。
タイムマシーンがあれば濾過槽掃除止めに行きたい…
さぁ、どう立て直すか…水槽もそうですがテンション的にも…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

《近海地味地味水槽スタートしました》

2016.08.24.Wed.11:46
アカネキンチャクダイののび太くん、8日間のトリートメントタンクから卒業の日がやって参りました。毎日毎日、本水槽の水も20Lずつ換わってるので良い環境も整いました。

この間、家族には迷惑かけました。
トリートメント部屋をわざわざ設けて、クーラー付けっ放し。立ち入り禁止の厳戒態勢。

この時期の新魚導入は大変です。なんせこの暑さですから水温が…。室内22℃設定。知らん奴が聞いたらアホですよね。

でも私にとってはそれくらい一大事なのです。
トリートメント中は毎日、エサ食いの確認で海藻70Mを何粒食べたか?まで気になります。
ちょっとでも目の動きやヒレの動きが違うと気になります。しかし一番気になるのは嫁の目です。

とにかく絶好調だった魚を断腸の思いで里子に出してまでお迎えした奴です。出来る限りストレスのない環境を作ってやりたいものです。

ではドボンです!

んーーーーーっ(;▽;)
たまらん。渋すぎる。
ライト消したらライブロックに色が同化してどこにおるかわからん…家族にめっちゃ不評(笑)

ゲンロクダイとのマッチングも素晴らしい。我ながらナイス水景です。あくまで我ながらです。家族は黄色やピンクの華やかな水景を求めているようですが、そうは行きません。トレンドは近海です。もう止まりません。まだまだライブロックも足りませんので追加せねばなりません。

水槽を2個も3個も置かせてくれるなら作ってやりますよ…マニラ産水槽。でも1個ですのでコレです。

怖いのはやはり内臓疾患系です。採集時に負ったものなどは3ヶ月後にやってくるなんて聞きますし、そんなん今わからんしな…

長生きしてくれー。

もし、あと何か混泳さすとしたらですね…
シラコダイかナミチョウです。

------------------------------------------------------

時を同じくして、スキマーのポンプ壊れました。

中華製スキマー『coralbox D500』にはJebao製のDC2000というポンプがついてます。1ヶ月の保証で7ヶ月もちましたので、1年保証の家電製品でいうと7年持ったことになります。大往生です。5年保証の車で言うと実に35年乗れた事になります。素晴らしい耐久性です。なのに何故かイライラしながら代替品を注文しました。尻の穴の小さい男です。

JebaoもJecodと名前を変え、ポンプもDC2000からDCS2000にモデルチェンジしたようです。出品者様によると耐久性とトルクが大幅に改善され待望のデビュー品のようです。なのに何故かイライラしながら注文を入れました。尻の穴の小さい男です。


そんな尻の穴の小さい男もマゼエンゼルのおかげで毎日がハッピーなのです(^.^)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


ゲンロクダイがやってきました

2016.07.13.Wed.20:25
前回の濾過アップ決行から3週間。懸念していたシステム変更による白点などの心配も無さそうです。

今日は兼ねてから気になって仕方なかった魚がやって参りました。なかなか入荷するのを見ない中、某アクアな先輩から入荷情報を聞き思い切って通販にて購入いたしました。

ゲンロクダイです。カッコええ~♪

アクアマリンズ(和歌山県)
このショップは地元の食用魚の漁師さんの網に掛かった近海魚を仕入れて販売してるんでしょうかね?直接海の生簀の中でストックされているようす。餌は貝を潰したものを与えてますとのこと。

ワイルド感タップリの個体がやって参りました。

もう少し小さいの期待したんですがねf^_^;)

泳ぎを見る限り良さそうです。ゆったり辺りをキョロキョロ見回しながら泳ぐ様は落ち着きも感じます。

もう少し小さいの期待したんですがねf^_^;)

網に掛かったと言えどもヒレ欠けなども無く、綺麗な個体です。

もう少し小さいの期待したんですがねf^_^;)

とりあえず虫などの検疫を数日終えた後、マゴタンクにて餌トレーニングしたいと思います。

ゲンさんなんとか生餌くらいまでは行ってくださいね。


——––———————––————–——–———–

ところでこのクソ暑い時期の新魚導入。水合わせや導入前検疫はどのようにされてるのでしょうか?

コイツも毎日飼育水による全換水にて検疫しようと考えてるのですが、小型水槽やバケツだと温度が上がり過ぎてしまいます。我が家の飼育水はただいま23.5度。冷却機器使わなければ、小さい水槽の場合30度近くいってしまいます。かといってコンプレッサー式クーラーをドカンと設置するのも…。

で、コイツ買ってみたんです。

『アホや、これ全くあかんやつやのに…』とかはコッソリ教えて下さいね(笑)外掛け式のペルチェ式クーラーです。

①ポンプも内蔵
②一応クーラー
③安い

毎日全換水の導入時のみの温度管理なのでこれで良いかと。ポンプも内蔵してるので、他のポンプにつながなくてもよいし、ファンちゃうから足し水もそんなに神経質にならなくていい。総じて手軽なんですよね。数日の事だからこれで行ってみます。

ちなみに室温26度、設置5時間経過後のただいまの水温22度。まぁまぁ?
——————————————–———————

最近色んなところで崩壊ネタが多発してます。明日は我が身です。気をつけます。上手く飼うコツはいかに我慢するか、弄り過ぎないか、いらん事しないか、だと教わっております。自分自身の体験でもあります。

昨秋アクアテンション復活するまでの4.5年間。ヤッコなども含め、1匹も魚を落としませんでした。まぁ大して難しいサカナは飼って無かったってのもありますがねf^_^;)

なぜか?飽きてほったらかして、魚も追加せず、システムも弄らず、水槽に全く手を加えず(デジタル水温計も電池切れて水温すらわからず(笑))水換えだけしてたからだと思いますf^_^;)設備だけは最低限揃えてましたので、クーラーとヒーターとエーハイムが勝手に飼ってくれてました(笑)

むかし小学校の頃カブト虫飼ってて、オカンによく言われました。
『あんたぁ!カブト虫イジり倒してたらすぐ死ぬで!あんま触らんと放っとき!土も掘り返したらあかんで!』

最初はあれやこれや気にして、色々してしまうんですよね。やれバクテリアや、やれ添加剤や、やれクスリや…ありとあらゆる手を尽くして、合成着色料いっぱいの変な色の駄菓子みたいな水槽にしてしまうんですわな。

上手く飼いたい方!アクアを飽きましょう…飽きた頃から上手く飼え出すかもしれません…

やるなぁオカン…

とりあえずゲンロクダイ頑張りますm(_ _)m
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。