FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《ご無沙汰しております》

2017.10.26.Thu.19:34
記事を書くのがおよそ9ヶ月ぶりのようです。
ブログ放置による負のスパイラルと申しましょうかユーザーIDとパスワードを忘れてしまい、ブログに触れる事さえ出来なくなっておりました。
しかしこの度晴れてパスワードが判明し、復活致します事をご報告させていただきます。

ただブログと言いましても、もはや何から書けばよいのか見当もつきません。
どうやって画像を貼り付けるかも忘れました。
よってまずはリハビリを兼ねまして近況でも書き連ねておきます。


前回の事故復活記事から紆余曲折ありまして、2017.4.26 今までの900規格水槽から900ワイド水槽へ変更しました。
.
メイン水槽 W900 D600 H600 OF
サブ水槽 W300 D300 H400 サイドOF
濾過槽 W750 D450 H360(メイン、サブ共用)
.
水槽引っ越しの過程も細かく画像で残しておいたのですが、当時使用していたiPhone6を水没させてしまい全ての画像が消え去ってしまいました。
とりあえずInstagramで残していたものを引用しております。


水量が増えた事によるものなのか、とにかく魚が死にません。
やはりマリンアクアにおける『水量』は神です。
当然、管理の丁寧さ、マメさ、知識というのは重要な要素ではありますが我々初、中級者にとって絶対的に飼育を楽にさせてくれるのは水量だと思います。
.
飼育が上手い、下手という表現が良く聞かれますが、いかに良いシステムを構築出来るか?という根本的な所からその議論をせねばならないような気がします。急がば回れではないですが、やはり濾過を含めたシステムによる恩恵を体感しております。
.
現在に至っては900ワイドの横に300キューブをサイドオーバーフロー化して設置。900ワイドと濾過槽を共用し、総水量理論値470Lにてマリンアクアを楽しんでおります。 水槽に奥行きと高さが出る事によって魚の泳ぎ方に動きが出来たように見えます。
.
奥行きと高さ。コレ大切です。

魚種に関しては兼ねてから近海系の魚に魅力を感じ、キンチャクダイ、ゲンロクダイ、タテジマキンチャクダイなどを中心に楽しんでおりましたが最近『イヤースポットクリスルス』をお迎えした事をきっかけに少々方向性がブレ始めております。

ちょっと今までの近海一辺倒から色々と冒険しようと思っておりますので、何卒生暖かい目でお見守り頂けますよう宜しくお願い致します。


とりあえず復活一発目の記事はこれくらいが限界です。この記事を表紙として、今後記事を書いて行けたらと思います。
.
ではサイナラです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

《水槽崩壊その後》

2017.02.09.Thu.12:56
前回1/18の水槽崩壊事故からの続報です。
当日から1週間、徹底的にコーキングを強化し2度とあのような事が起きないようにと対策致しました。

また、この機会に殺菌灯設置スペースの確保の為、水槽位置を十数センチずらしました。当初の水槽位置ではキャビネットの中に無理矢理押し込むしかなく、キャビ内に設置出来るのはターボツイストしか無かったのですが、スペース確保できましたので本命のQL25を設置できました♪



ショップさんによってはメイン配管と別系統で殺菌灯やクーラーを設置するところもあるようですが、出来るだけ効率良く1系統にしたかったのです。メインポンプ→殺菌灯→クーラー→飼育水槽です。ようやくシステム的には落ち着いたような気がします。

その間、生体達は120Lゴミ箱の中で耐えて頂きました(;ω;)(画像は一時退避してたインスタントオーシャンバケツ)1週間を目処に本水槽再起動するつもりでしたので、水換えだけで凌ぐか?とも考えたのですが1日で白濁が拡がった為、急遽amazonにて外部フィルターを手配しました。amazonプライムまさかの当日到着は非常に助かります!

崩壊後1週間の間、飼育水槽でコーキングの強化をしていたキャビネット内では、濾過槽のみで水を空回ししておりましたので白点対策もバッチリ?かな?と(^^)

兎に角濃い~1週間を過ごし、1/25(水)水槽再起動の日。お友達のコロッケ氏と紀南(和歌山県人で南紀と呼ぶ人は皆無と教わりました)にて天然海水『屁こぎプレミアム』の採取に赴き、贅沢にも天然海水100%にて再立ち上げとあいなりました。

退避中キンチャクの飛び出し事故など、所々問題はありましたがなんとか一匹の犠牲も出す事無く乗り切れたのは不幸中の幸いでした。


再起動後の1/31(火)、お友達のI氏から嬉しいお話が。『復興記念にプレゼントしてあげるからショップに取りに行き!』と兼ねてから気になってた子をプレゼントして頂きました。

沖縄以南に生息する、地味綺麗なホシモンガラの雄です。上手く軌道に乗ったらメスも迎えてやろうかしら。1週間のトリタン検疫を経て昨日本水槽デビューしたのですが、近年稀に見るビビりさんで、ショップにいる時からずーっとカクレモンガラです。はよ前に出て餌食べなはれやー。

そんなこんなで現在に至ります。今回得た教訓というか感じたこというか…

①システムは水槽位置も含め最初にバチっと決めて組む。後から水槽下で配管弄ったりすると、今回のような大事故に繋がる事も。

②天然海水100%は魚の活性が明らかに違う!…気がする(^_^;)特にそれを証明する手段はないのですが、飛び出し事故で瀕死状態からなんとか脱したものの、拒食してたキンチャクが一気に食い出しました。タイミングの問題だけかもしれませんが、間違いなく魚の動きが変わった気がします。何より人間様側の安心感が凄いです。コレを機会に今後水換えは全て天然海水で行うかも?

③常に最悪の想定をしながら機材や周りのものを揃えておく。今回のように水槽自体が壊れた、ポンプが壊れた、クーラーが壊れた、地震が来た、様々なリスクを想定して用意しておく。

一息つきました。これから先は魚の飼育“だけ”を楽しみたいと思います(^_^;)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

《オーバーフロー水槽崩壊》

2017.01.19.Thu.06:40
一部の方々にはご存知頂いてるかと思います。皆さまご心配おかけしましたm(_ _)m昼過ぎに事件が起こってようやく落ち着いたので、ここにご報告致します。



まさに崩壊です。お気に入りの水槽は雪崩れのように崩れていきました。全ては私の失態です。殺菌灯設置の為、配管の修正をしておりました。
その際に三重管台座に負荷がかかったのだと思われます。台座のコーキングが剥がれ…あとはご想像下さい。

我が家はマンションです。とめどなく漏れてくる水との格闘と、生体の避難。同時作業が求められ、冷静なつもりの私も大パニックです。途中、完全に思考停止したこともありました。

水換えも予定していたので、水換え用ペールには新海水が満たされており、大容量ペールは使えません。とにかく水漏れの早期解決の為、ポンプにて海水を排出し、同時に生体を退避バケツへ。肉離れの事などどこへやら。アドレナリンというのは大したものです。

とりあえず退避させたバケツと、水換え用の100Lの新海水を水あわせの後、数日特大ゴミペールで飼う事になります。

併せて古いコーキングをスクレイパーで剥がし、台座の再コーキング処理も行いました。24時間待って数センチ真水張ってみます。


まだ不幸は終わりませんでした。リビングが無茶苦茶の為外食とし、帰宅するとお迎えしたばかりのキンチャクダイがバケツから飛び出して虫の息でした。なぜ蓋をして外出しない?こういう時は冷静な判断を欠くものたと身につまされました。もう完全に私のアクアは終わったと感じた瞬間でした。キンチャクの身体は硬直しかけておりました。涙が出そうでした。なんとか立ち直ってくれと、バケツに戻すも当然ながら木の葉のように沈んで行きます。

しかし!数分後。エラが動くのが見えました!頼む!何とか頼む!祈りました。すくってやろうとすると、硬直しかけていた魚体が波打つ。これは!さらに数十分後。斜めながらも立ち出しました!そして今現在。上から見る限り通常の泳ぎに戻ってきました(ToT)生命の強さ、自身の愚かさ。入り混じる感情で歓喜しました!


しかしここからです。魚達の健康状態は最悪でしょう。爆食いだった全員が怯えているはずです。白点も出るでしょう。どこまで立て直せるかわかりませんが、前を見て全身全霊かけて復旧作業に努めます。




とりあえず今日も休みでよかった…

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

《目標の近海水槽、頓挫》

2016.11.18.Fri.13:04
何も問題なく順調に回っていた水槽環境を自らの手で壊してしまいました。
マゼ落ちました。
ゲンロクの1匹は元々食いも悪く何があったらヤバいかな?と思ってましたがマゼは誤算でした。
経緯を書くのもアホらしいくらい完全な私のミスなので、自戒の為記しておきます。
経緯
何を思ったんだか…
完全に墓穴を掘りました…
900設置時に濾過槽下にウレタンマットを敷き忘れていたんです。濾過槽、水槽台に直置きだったんです。ずーっと、ずーっと気になってました。
水温変化も少ないよい季節に入り、ここぞとばかりにマット敷きを決行。これが案外大掛かりな作業。濾過槽一旦、台から抜いて「ついでに1年間濾過槽内に溜まった汚れと、ろ材を…」(←ココ)。



完全に判断ミスでした。何を思ったかろ材を安易に揉み洗いしてしまいました。一応24時間濾過槽内のみ空回ししたんですが…。欲を言えば3日は必要かなと。
はい、白点大爆烈です。
ただ今までも白点キラーにお世話になり、全て助けて頂いてるので今回も楽観視しておりました。

あきまへん…。やはり魚の感受性というのは同種でも個体差あるもので、マゼののび太くん相当弱らせてしまいました(><)しかも通常丸4日間添加すればほぼ消え去る白点が衰えを知りません。こんなの初めてです…。6日目の昨日にはマゼ、ゲンロク共に白点は見られなかったのですが、マゼのヒッキーっぷりが半端ありません。水換え後、アクアセイフにて中和作業にて回復を図りましたが、手遅れだったようです。
以上
原因…なんて特定、証明できるわけなどありませんが考え得る事はたくさんありますので今後の為にも思い当たる節含めて。
900水槽に3匹だけという生体に対してろ材が多過ぎた?ろ材が多いと良菌もたくさん在住するが、同じだけ悪菌も介在します。今回の件も多量のろ材に休眠していた白点虫が一気にのび太に襲いかかったイメージがあります。あれ?ヒレに白点が…ではなく、1日目でいきなり爆烈粉吹き芋状態でした。諸刃のつるぎでもあるろ材は生体数に応じた適正量が…当たり前か…。
白点キラーの添加ミス?白点キラーは間違いなく良い薬です。今までも全て助けて頂いてます。使い方さえ間違えなければ…やはり添加量は個々の生体の感受性によって変えなければなりません。キンチャク、取り分けのび太君は耐性もなく刺激が強かったのでしょう(単純に合う合わないもあるでしょう)。初めてのサカナは規定量の半分でも良いくらいかも知れません。これはもう経験則に基づくしかありません。拒食が原因ならまだまだ1週間ですから問題ありません。間違いなく添加ミスはあります。低比重治療なども視野に入れて今後の病気治療に生かしたいと思います。
殺菌灯の未設置。殺菌灯に白点虫を殺す力はありません。ただその前提として水の環境を整えるには有効かも知れません。もしあれば、巡り巡ってあんな粉吹き芋状態にはならなかったかも?とは水槽仲間の意見です。あくまで巡り巡ってだとは思います。
ちょっとショックおおきいです。元々3匹しか入れてなかったので、水槽も寂しいものです。投入翌日にショックで逆さ向いてフロー管に貼り付いて死にかけてたゲンロクが復活したのはびっくりですが。エールも含めて『ゾンビ』改名致しました。
タイムマシーンがあれば濾過槽掃除止めに行きたい…
さぁ、どう立て直すか…水槽もそうですがテンション的にも…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

《phモニター FUKUROW 投入しました》

2016.09.08.Thu.19:59
AQUA GEEKのphモニター『FUKUROW』がcharmさんからやって来ました。
パッケージイラスト、フクロウじゃなくミミズクやんけというお決まりの突っ込みはほどほどに…
輸入代理店のハートトレードさんのブログ見てたら、欠品が続いてたみたいですねー。確かにどこいってもコントローラーしか在庫無かったんですよね。納期に無頓着な外国企業に右往左往させられてるみたいですねf^_^;)お疲れ様です。

通称『どMモニター』です。
常時測定表示の安心感は非常に心強いのですが某氏曰く、8.0切り出すと不安で死にたくなるようです(笑)冬場換気せずにストーブガンガン焚いたり、火を使う料理をすると、ph値みるみる下がってモニター見てられないらしいですね。
知らぬが仏って事もありますわな。
とりあえず初期校正しときました。


特に大きく修正する必要もなくほぼ正確でした。
今まではコイツでたまーに見てたんですが、最近色んな事が気になって気になって…

複数水槽あるとこういう計測器の方がコスト的にはいいんでしょうが、我が家は濾過層共有する1タンクですからモニターの方がいいかな?と。
というかカッコイイから欲しかっただけです。
設置してみて思ったのですが…

ダラ~んとなる線がダサい…
片方に線固めとけばもう少しスマートに設置できるのになぁ…と細かい事言うときます。
おいおい考えます。
とりあえずなんかコレ安心ですね。
可愛い我が子達はおかげさまで元気です♪


昨日ウール交換で濾過層弄ったので白点キラー1セット、規定量の1/3だけ添加しときました。出る前の気休め対策です。
ではまたm(_ _)m
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。